ネット診察とは

ネット診察の
適切な普及のために

ネット診察、遠隔診療、

遠隔医療とは

遠隔診療・遠隔医療とは、インターネットなどを利用し医師と患者さんやそのご家族などが
物理的に離れた場所で診察を行う行為のことを指します。

従来、遠隔医療の対象となる疾患や地域などが限定されておりましたが、
2015年8月10日に「遠隔診療」の解釈に関する新たな通達を厚生労働省が発表しました。

この通達では、患者側の要請に基づき患者側の利点を十分に勘案した上で、
直接の対面診療と適切に組み合わせて行われるときは、遠隔診療でも差し支えなく、
「直接の対面診療を行った上で遠隔診療を行わなければならないものではない」ということが改めて確認されました。

大阪府スタートアッパー事業受賞
ビジネスモデル
大阪市シードアクセラレーション
プログラムOSAP採択

「病院・クリニックに行きたいけれど行けない」
「または恥ずかしくてなかなか相談できない…」
そんな悩みを解決するサービスです。
適切な対面診療と組み合わせることでオンライン上での医師とのやりとりで、自宅または指定場所に薬が届く仕組みをデザインいたしました。

先駆者としての責任

スマ診サービスの提供会社であるネクストイノベーション株式会社は、
遠隔医療の適切な普及と適正な仕様を目的として、以下のような取り組みを行っています。

遠隔医療はすでに世界的に普及が進んでいる仕組みであり、医療スタッフと患者さん、
そのご家族の関係性に大きな変化・価値を産み出しています。

私たちはこの「価値のある」仕組みをしっかりと積み上げて、育んでいくために複数の医師、
複数の弁護士、その他有識者によるボードミーティングを開催し、医療の質と患者満足度の向上を定期的にモニタリングしていきます。

2016年7月22日

ネクストイノベーション株式会社
代表取締役社長 石井 健一