ED(勃起不全)治療薬の飲み方、持続時間まとめ【2018年最新事情】

3大ED(勃起不全)治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の飲み方、持続時間まとめ

オトコノスマ診 EDセルフチェック

バイアグラ、レビトラ、シアリスは3大ED(勃起不全)治療薬と言われています。

最初に開発され、市場投入されてセンセーションを巻き起こしたのはバイアグラで、今でも日本ではED治療薬の代名詞となっていますが、レビトラやシアリスなどの後発薬にはバイアグラにはない特徴があります。
それぞれの薬のメリットとデメリットを知ったうえで服用しましょう。

人によってバイアグラは効かないけれど、レビトラは効くというケースもありますし、シアリスが一番使いやすいというケースもあります。

一般的にバイアグラには実績があり、レビトラは即効性、シアリスは効果が穏やかという違いで認識されています。
副作用の出方も個人差がありますので、医師と相談しながら自分のライフスタイルに合ったものを選んでいきましょう。

 

効果的な飲み方

ED(勃起不全)治療薬には、おおよそ決まった飲み方があります。
食後ではなく食前に飲む方が効果が出やすいですし、作用時間にも違いがあります。

食後は胃や腸壁に食べ物の油による膜が張っています。
ED(勃起不全)の薬の有効成分は油の膜を通過できないため、血液に吸収されず、そのまま排出されてしまうことが多くなります。
吸収されなければ効果も期待できません。

しかし、どうしても食後でないとタイミングが合わないということもあるでしょう。
その場合には、和食などのさっぱりした食事をしたり、できるだけ食後から時間を置いて服用するなどの方法を採りましょう。
焼肉や中華料理など脂分の多い食事をした後だと、油の膜が6時間も取れないことがあります。

 

効果の持続時間

3大治療薬を選ぶポイントになるのが、効果の出るタイミングと持続時間です。

バイアグラは服用から30分程度で効果が出始めます。
性交渉を行う1時間程度前に服用しておくのがベストでしょう。
効果は5時間から6時間程度持続します。
いったん寝てしまえば効果は消えると考えて良いです。

レビトラは即効性があり、服用してから20分程度で効果が出始めます。
持続時間は10mgで5時間から6時間、20mgで約10時間程度です。
寝る前に服用した薬効は翌朝にも持続すると考えて良いでしょう。

シアリスは服用してから効果が出始めるのに1時間程度かかります。
効き目は穏やかで、性交渉よりも2時間程度前に服用しておくのがベストです。
効果の持続時間は非常に長く、10mgで24時間から30時間、20mgで30時間から36時間程度です。
マイルドでじわじわと効いてくるのがシアリスの特徴です。

勃起に関するお悩みごと オトコノスマ診で解決しませんか?